Blog

この人の会社は反響が出ないなと思う3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿日:2014年3月8日

タグ:

コラム:

普段不動産会社様を訪問する中で
「この人が担当(もしくは社長)だと反響は出ないな」
と思うことがある。

今日は、どんな時にそう思うのかをシェアしよう。

1.「どうやったら反響出ます?」って聞いてくる
こういう人に限って、何もしていない。
どのくらい何もしていないかというと
・物件入れていない
・ターゲットを決めていない
・ということは、商圏も価格帯も絞っていない
・ブログの更新が6か月前
・写真を撮りにいっていない


この場合はいくら話をしても
「いい話を聞いた!」で終わる。

一方、「○○をしてみたんですが、ダメでした」
という人は、反響を出せる人である場合が多い


2.値下げ交渉が激しい
予算があるのは仕方がない。
しかし、
・タダじゃなきゃやらない
・その5分の1くらいの価格ならやる

など、
「反響はとりたい。しかしできる限り安く」
が度を越えている
場合、たいてい反響は鳴らないし、
現在も鳴っていない。

価格は提供側の努力によって値段が下がる場合ももちろんあるが
これは「お互いにメリットの出る商売をしようとする」のではなく
「一方的に自分だけ勝つ」というスタンスの話である。

お互いに話し合い、納得しようとするスタンスの人の場合、
反響も出やすい(協力者も多い)。

3.1回で成功したがる
100%うまく行く方法を知りたい、と思っている。
もしくはそれを口に出して言う。
断言できるが、1回で100%うまく行くと断言できる方法は存在しない。
しかし、積み重ねていけば成功する方法は存在する。

成功とは人それぞれで、
そこに向かって積み重ねることが大切であるが、
その考えがない。

何度もテストをして成功しようとチャレンジする人の場合、
やった分だけ結果がでている場合が多い。

いかがだろうか。
毎日不動産会社の経営者、web担当者と話をする中で感じたことをまとめてみた。

「今とは違う結果を得たいのであれば、今とは違うことを行わなくてはならない」
これは私の好きな言葉である。

このコラムをどうとらえるかはそれぞれだと思うが、
何か気づきになれば幸いである。

–【特別オファー】–
Amazonにて1,000円で販売している書籍
“鳴らす会社の「考え方」”を期間限定、無料で手に入れよう。
今すぐ下記をクリック!
http://www.diamondtail.jp/special/book/index
—-

コラムニストプロフィール

ダイヤモンドメディア株式会社 共同創業者 小林憲人

2006年3月にダイヤモンドメディア株式会社の前身、株式会社オーバーワードを創業。インターネットで売上を上げるコンサルティングを行う。2010年、不動産業界はインターネットで成果を創出している仲介業者が少ないことに着目し、テストを重ね、不動産仲介業者に特化した集客システム「ダイヤモンドテール」の企画開発に携わる。約600社の不動産仲介業者と話を経て、現在も最新のノウハウを集め続けている。2011年には全国賃貸住宅新聞にてコラム「間違いだらけのホームページ対策」を連載。同年7月より、経済産業省認可団体日本情報振興協同組合青年部の会長も務める。

講師実績

  • 全国賃貸管理ビジネス協会「ニーズの高いお客が集まる 新しい集客概念ロングテールとは」講師
  • 不動産フランチャイズハウスドゥ主催「成功する不動産業に必要な新・経営戦略とは」 講師
  • 株式会社ネクスト ホームズ営業担当社内研修講師
  • 全国賃貸住宅フェア東京2011 ITソリューションセミナー講師  他多数

書籍:鳴らす会社の「考え方」を無料プレゼント 今すぐ読もう

ダイヤモンドテールは、不動産集客に特化したロングテールSEO集客システムです。集客力に強いシステムでありながら、不動産システムとしての基礎部分である、物件管理、顧客管理、営業支援など、高度な管理機能を実装しています。不動産仲介業者(売買・賃貸)にとっては、ウェブからの集客は企業のライフラインです。HOME'S(ホームズ)やSUUMO(スーモ)、at home(アットホーム)などの大手ポータルサイトに依存せず、検索エンジンから見込み客を効果的に集め、売上につなげていくための不動産専門ホームページを構築いたします。

ページトップへ

月35本の反響を自社ホームページで叩きだす方法を無料でプレゼント中!

月35本の反響を自社ホームページで叩きだす方法を無料でプレゼント中!

お申込み時のメールアドレスは、フリーメール以外でご登録下さい。

お名前必須
会社名必須
メールアドレス必須
都道府県必須
電話番号必須